金剛寺のご案内

Home

金剛寺のご案内

金剛寺のご案内

安曇野市穂高有明の金剛寺

安曇野にあるお寺で、韓国仏教太古宗の在日総本山です。 宗教法人として創立され在日同胞寺刹の公共寺院で、その荘厳な伽藍、閑静な環境は、まさに韓国仏教の法脈を継承する寺院です。

美しい山、澄みきった水、緑の木々に囲まれた静寂な安息地「成穂院」の宿坊は、ご参詣の信徒の皆様はもちろん、一般のお客様にもご満足いただけるよう、天然温泉、各種祈祷体験など、思い出深い旅館となるでしょう。

大雄殿

150余名を収容する金剛寺の本殿

山紫水明、緑豊かな穂高高原に釈迦世尊を奉安する韓国仏教在日総本山「金剛寺」 中央には百五十余名を収容する銅板瓦葺きの大雄殿が、威厳に満ちた雄美な姿で建立されています。

大雄殿のご案内

宿坊・成穂院

緑に囲まれた静閑な宿坊

美しい山、まっ青な空、澄みきった水、緑いっぱいの木々に包まれた静閑な宿坊「成穂院」、天然温泉もあり、遠方よりもお越し頂いた皆様に必ずご満足いただける安息地です。

宿坊・成穂院ご案内

三聖閣

山神、七星神、独聖が祀られる

韓国の寺院は後方に三聖閣という殿閣を置き山岳信仰と融合したものが多い。何を祀るかで山神閣、七星閣、独聖閣と呼ばれますが、ここ三聖閣では山神、七星神、独聖を祀っています。

梵鐘

高さ1.8m、口径1.4m、重量3.7t

正覚会と篤志家によって韓国で鋳造され、海を渡って贈られました。慶州仏国寺にある護国鐘と同じもので堂々たる梵鐘です。

龍然井

金剛寺安曇野天然水

三聖閣前にある金剛寺安曇野天然水。飲料用として24時間ご利用いただけます。混雑の際は、ご利用量を制限させていただく場合がございます。